当院では片頭痛患者さんに頭痛手帳をお渡ししております。

先日、頭痛の治療にはペンと頭痛手帳という書き出しでブログを書きましたが肝心な頭痛治療についての説明が不足してました。

頭痛日誌を書かれたことがあるかたは気づきになりましたでしょうか?

日誌を書くことで頭痛が軽快していきます。

どのタイミングで頭痛がきてますか?

頭痛はどのような経過で良くなってますか?

頭痛がおこる誘引に気づかれましたか?

予兆がきたときに、どのような生活をしたらよかったでしょうか?

あるいは悪かったでしょうか?

予防薬なしに、屯服薬のみで頭痛が月に、1回だけ、あるいは月に五日以内になればよいでしょう。

予兆とは

頭痛がおこる前、30分から2日前くらいからおこる症状です。

あくび

倦怠感

過食

感覚過敏

肩や首のこり

抑うつ感

などです。

一般に、予兆期には運動をしたり、入浴をするなど血管を広げるようなことは避けほうがよいです。

仕事などペースアップもダメです。

また、次の誘因となるようなことは避けることが望ましいです。

予兆期の生活は

入浴を避ける。

シャワーだけにする。

早めに寝てしまう。

日中なら30分くらい仮眠をする。

30分以上休むと、夜に眠れなくなることがあります。

お仕事を切り上げたり、ペースダウンする。

など安静に過ごすことが望まれます。

人によっては、当院おすすめの漢方薬と胃薬をのんだり、コーヒーなどカフェイン飲料を飲むなどが有効です。

誘因はないでしょうか

人によっては、全く誘因にならないものもあります。

その場合はあまり気にしないように。

でも、意外に記録してみるとそれが誘因だったりします。

チョコレートをやめたら頭痛が急に減ったという方もいらっしゃいます。

月経  一般的には頭痛予防での女性ホルモンの投与はおすすめできません

大きな音

特殊な音

光 特に青色の光

ブルーライトについては以前書きました。

におい 化粧品のにおいで片頭痛の八割の人が頭痛を起こした経験があります。

人混み わたし自身、小学生のころそごう百貨店に行くたびに吐き気と頭痛をもよおしていた記憶があります。

天候がかわる時 雨の日、急に寒くなる

睡眠 不足も寝過ぎも

食べ物

チョコレート

ハム

ソーセージ

ナッツ

チーズ

ワイン 赤だけでなく白も

人工甘味料など

運動 運動はやり方によっては頭痛発作を予防します。

仕事のストレスや残業

出張 とくに時差がある場合

子供の休みの日

夫が帰宅 楽しみにしていてもです。

どうでしょうか

睡眠不足はもとより、寝すぎたときや、単身赴任のご主人さんが帰宅する週末などに頭痛が増えていたりします。

ご自身の頭痛がいつおこるか、対処する気持ちがおこるだけでも頭痛の回数など減ってきます。

まずは、頭痛手帳を記録してみましょう。