秋の全国火災予防運動

平成 29 年 11 月 9 日(木)から 11 月 15 日(水)だったそうです。

私の記憶では11月下旬かと思ってましたが。

今年の11月は酉(とり)の日が11月6日と18日と30日が三回もありにぎやかな月になるといわれてます。

その反面、火災なども多くおこると言われてます。

火の元に注意して火災をおこさないように初心にもどって注意したいです。

火災といえば消防車ですが、消防車は消防(火災)以外でも出動します。

救急車と消防車はサイレンが異なりますが、消防車が消防以外で出動しても消防時もサイレンは同じです。

消防時とそれ以外の時の違いは警鐘のあるなしのようです。

警鐘はあの「カンカンカン」音です。

消防車でも「カンカンカン」音なしで走っている時は、交通事故や災害救助やあるいは救急車が出動できない時に先に消防車を出動させる時なのです。

火災での出動の際にサイレンと同時に「カンカンカン」音を鳴らします。

このときの警鐘は「3点鐘」といって、「カン、カン、カン」と3回ずつ鳴らすものです。

鎮火して署に帰る際はサイレンを鳴らさず、「カン、カン」と2回ずつ「2点鐘」の警鐘のみで走ります。

まとめ

注意一秒、けが一生です。

油断大敵、明るい未来のためにも一秒の注意を!!