いのうえ内科脳神経クリニックの院長です。

写真はハワイですが、実は今年の2月

クリニックスタッフと社員旅行に海外に行ってきました!

ハワイに行きたいということで、いま世界中で注目されている海外(かいがい)の宮島!に行きました。

幸い晴れの日でした。

インフルエンザについて

本日はインフルエンザについて

風邪のような症状のものから重篤な症状を呈するインフルエンザ!

インフルエンザワクチン予防接種

インフルエンザワクチン予防接種をおすめします

みなさん予防されてますか?

実は、予防法では手洗い、人込みをさけるですが、十分な睡眠や体を冷やさないというのも大切。

一番大切なのは我々がみんなが予防接種をうけること。

でも

予防接種を受けられないかたがいらっしゃいます。

多くは、予防接種は自分のためと思われているかたです。

インフルエンザに罹患してもたいしたことはないだろう、

予防接種を受けに行く時間がない

理由はいろいろです。

免疫疾患や卵アレルギーのかたなどは仕方ありません。

しかし、なかには免疫疾患をもっているかたと同居していたり、

医療関係者だったりします。

また

インフルエンザには一度も罹患したことないからとおっしゃいます。

これはワクチンを受ける必要なさそう!

ではないのです。

ご存知でしょうか?

インフルエンザは症状がなくても、感染していることも多いというはなし。

まったく症状なくても咽頭ぬぐいの検査をすれば、インフルエンザがでることも。

そうなんです。

予防接種を受けてないかたで、インフルエンザに感染され軽い風邪と思い込んでいることがあるようです。

もちろんそんなかたがたが悪いというわけではございません。

でも、インフルエンザ予防接種はもっと根ずくと、インフルエンザ発症で悩むかたも少なくなると思います。

(これはほかの予防接種についてもしかりですね)

また、20年間インフルエンザの症状がでなくても、

最後の一年にインフルエンザに罹患して脳炎になって死ぬことも。

これは確率論になりますけど。

かといってワクチンは絶対的に安全というわけではございません。

ただ

コミュニティーがみんなで、ワクチン接種をするようにすればインフルエンザワクチンの効果は20-30%であっても十分な予防効果が発揮できると。

このような考察もされています。

だから

ワクチン接種は自分のためだけとも言えないですね。

まったく考えさせられます。

*ほかにも、破傷風・風疹・麻疹ワクチン・肝炎ワクチンなど数え上げたらきりがないです。

社会のためにきちんとワクチンを接種できるかというと。。。

なかなか難しいです。

ワクチンはただではないし、痛いし、副作用はゼロではないし

一筋縄にいかないこと。

考えさせられます。

風邪とことなるインフルエンザ

インフルエンザは感染症であり、風邪とことなり症状が重篤になる可能性が高いです。

だから

風邪とはおなじ扱いをしないほうが賢明です。

ちまたでインフルエンザも風邪のようなもの!といわれますが、

これはあまりインフルエンザ、インフルエンザと言って不必要に恐れないことで言われます。

風邪でも、罹患後に脳炎になったりギランバレーを発症することがあります。

でもこれは、正確には風邪のウイルスであるライノウイルスやコロナウイルスでなく、他のウイルスが多い。

ネットをみてたら、英語で風邪のことをflu(フルー)と呼ぶからインフルエンザも風邪の一種だと。

たしかに風邪に罹患して、I got a flu! と言われる英語圏の方は多いかもしれません。

インフルエンザはインフルエンザ脳症、インフルエンザ心筋炎などをきたしうるウイルス感染症です。

またインフルエンザは細胞障害性が強いので、気道の炎症部位から細菌がはいりこみ黄色ブドウ球菌性肺炎になったりします。

名前からですが、インフルエンザは英語でフルーと呼びますが、それはインフルエンザの中間の文字であるフルから由来。

風邪はコールド(寒い)といいます。

言葉を正確に使用されるかたにとっては、英語圏でもかぜとインフルエンザは区別するようですね。

インフルエンザで急性心筋梗塞

さて

インフルエンザやRSウイルスに感染すると急性心筋梗塞になりやすい。

このような結果が、2018年にカナダの研究グループによりNew England Journal of Medicine という医学臨床のトップジャーナルに掲載されました。

ウイルス検出後7日以内のAMI発症率比は

B型インフルエンザが10.11

A型インフルエンザが5.17

RSウイルスが3.51

その他のウイルスが2.77であったようです。

RSウイルスというのは乳児の肺炎を起こすウイルスです。

【参考文献】
Kwong JC et al. Acute Myocardial Infarction after Laboratory-Confirmed Influenza Infection. N Engl J Med. 2018 Jan 25;378(4):345-353. doi: 10.1056/NEJMoa1702090.