広島市内で開業医をしております。

当院は毎日診療開始の前にスタッフとともに朝礼を行ってます。

ある日の朝礼で先入観についてお話をしました。

先入観ってなにも悪いものだけではありません。

ただ、初対面のとき、お手紙やネットあるいはお電話で最初に連絡をとるとき。

先入観がいろいろでてきます。

電話などは、最初の「もしもし」だけで

お手紙は、宛名の書き方だけで

ネットのメールなどでは、返信のタイミングだけで

だらしのないひとかなっと、自分のことは棚にあげて思ってしまいますし

優しくて素敵なかたかな?と必要以上に期待してしまいます。

先入観の良い点

先入観という言葉を聞くと悪いイメージばかりが浮かぶかもしれませんが、じつはプラスの面もあります。

というのも、人は過去の経験に基づいて推測することで生活をしています。

たとえば、玄関のチャイムが鳴ったら、あなたは「誰かが訪ねて来たのだろう」と推測するでしょう。

そして、ドアを開けるかと思います。

この「チャイムが鳴ったら誰かが来た可能性がある」

「ドアを開けたら人がいる可能性がある」というのも先入観です。

こうして、過去の経験で学んだことを記憶意インプットし、次回からはその先入観で予測して生活することが出来るのです。

もし先入観を持たずに生きていくのであれば、すべての行動において物事の予測が必要になります。

脳の負担を考えると、

じつに恐ろしいことになってしまうでしょう。

自分の経験値が増えるに伴い、先入観も増えていきます。

それは私たちが生きていくための手助けとなります。

先入観を持つことは悪いことではないのです。

先入観の悪い点

私たちが生活するうえで先入観は大事です。

でも、その先入観にとらわれ過ぎると逆効果となってしまいます。

自分が思い込んだことが、

いつも100%正しいとは限らないからです。

ひとには、ある問題点があります。

それは、自分にとって都合の良い情報だけを集めてしまうこと。

自分が思い込んでしまっていることを「正しいこと」だと

認識してしまうのです。

自分の判断を正当化するために、

他の情報を「正しくないもの」と決めつけてしまいます。

こうやって先入観が固定観念に変化すると極めて厄介です。

判断ミスをしてしまい、

失敗や挫折を招いてしまう恐れがあります。

間違った先入観をもたないように、気をつけましょう。

それには自分も間違えるんだという謙虚な気持ちが大切です。

それでは、今日も一日よろしくお願いします!

間違った先入観

不平等・差別・人種差別・文化的差別・偏見・体重や外見・障害者差別など。

間違った先入観を持つことは人として悲しいことです。

誤った先入観を持たないように日々の鍛錬も

1月13日日曜日

太田川ではとんど祭りがおこなわれておりました。

今年の運を引き寄せるお祭り!

晴天の空のなかで燃え滾る竹と竹が放つ音を聴いてると

今年も、新たな気持ちでがんばろうという思いになります。

澄んだ心をもつ、つまり差別・偏見のない心

動中静(どうちゅうのせい)まわりがざわざわしていても己の心は動かさず。

偏見や差別の世の中であるのは仕方ないこと

でも自分自身は命をかけてでも、その偏見や差別と闘っていきたい。

完全で失敗やミスをするはずのない神様が、我々を不平等に創るはずがない。

我々ひとりひとりは完成された作品。

自分らしく、自分らしく。

平成最後の平成31年、2019年もどうかよろしくお願いします。

みなさまに、ご多幸のあることを心よりお祈りいたしております。